実際にプラセンタサプリメントを飲んで感じた効果、肌に感じた良かったこと、良くなかったこと。疲れがとれたこと。レビューと口コミも集めてます。

アルコール性肝障害をプラセンタで治す

プラセンタで慢性肝炎、アルコール性肝炎の治療をする

 

⇒ 超高濃度のプラセンタ試してみた体験談はこちら>>

プラセンタは慢性肝炎やアルコール性肝炎の治療にも使われます。

 

プラセンタには、活性酸素を消去するすぐれた働きのあることが確認されています。そのプラセンタの効果や効能を使利用し、肝障害や慢性肝炎などの治療にプラセンタ注射を行っている病院も多くあります。

body_kanzou_beer

肝炎、肝硬変の場合には、治療にかかる期間は通院が1週間に1回から3回程度で、1年通えば完治するといわれています。

慢性肝炎のA型ウイルス肝炎、B型ウイルス肝炎、C型ウイルス肝炎、 アルコール性肝炎などの治療に使われます。

アルコール性肝障害などの治療は保険の適用になりますので、プラセンタによる治療をしている病院では保険治療を受けることが可能です。

 

プラセンタは病院の治療でも多く使用

 

プラセンタといえば、今は美容というイメージが強く、肝臓への効果といえば、ウコンなどが有名ですが、医療機関でも肝炎の治療に使われているのがプラセンタなのです。

 

医療機関で医薬品として使われている製剤は、プラセンタエキスの注射薬「ラエンネック」です。

具体的な治療法は、1週間に1回から3回、1年間 プラセンタ注射を皮下、筋肉に注射します。

iryou_chusyaki

病院での注射は、値段として1回当たり1000円程度。健康保険が適用されれば、数百円で受けることができます。

 

プラセンタ治療をした場合のメリット、それは副作用がほとんどないことです。

  ⇒ プラセンタの副作用って?

 

副作用が少ないので安心して受けることができます。

劇的な治療の改善効果を求めるのではなくて、1年をかけてゆっくりと治療をしていくといいですね。

 

アルコール性肝炎治療で実際に使われるプラセンタ。

サプリメントなら、毎日家で飲むだけなので、継続もしやすく、面倒な通院もいりませんね。

効果を感じられる高濃度のプラセンタがお勧めです。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ