実際にプラセンタサプリメントを飲んで感じた効果、肌に感じた良かったこと、良くなかったこと。疲れがとれたこと。レビューと口コミも集めてます。

プラセンタで更年期障害が軽くなる?

更年期障害とプラセンタ

⇒ 超高濃度のプラセンタ試してみた体験談>>

更年期障害の人がプラセンタを取り入れることによって、更年期障害の症状が軽くなる効果があります。

これはプラセンタがもっている、ホルモンのバランスをコントロールする働きによるものと考えていいでしょう。

Šつらい更年期の症状

更年期障害は、

これまで正常に働いていたホルモンのバランスが崩れたことによっておきる症状です。

女性ホルモンの分泌のバランスが崩れたことによって起きてしまいますので、そのホルモンのバランスの崩れを改善させることができれば、更年期障害として現れる様々な悩みも解消させることができるのです。

 

ホルモンのバランスの調整作用に着眼して、プラセンタを更年期障害の治療に使用するクリニックや病院も増えています。

 

更年期障害の治療にプラセンタ注射

人によって症状は様々ですが、閉経の前後5年くらいの更年期に、身体の不調を感じるようになるのが更年期障害です。

更年期障害は、急に身体が暑くなり汗が出るホットフラッシュや、イライラ、だるい、肩こり、眼精疲労など、症状は色々です。

人によっては日常生活に影響が出るほどの人もいるくらいですが、 プラセンタ注射をして更年期治療をすることも可能です。

 

更年期治療のプラセンタ注射として、日本で許可されているのはメルスモンです。

メルスモンは更年期障害の治療薬として保険適用になる薬で、ホルモンのバランスを整える働きがあります。

更年期障害というのは体に変化をもたらすだけでなく、精神的にもつらい症状を及ぼすこともあります。辛い時は我慢せずに、医療機関でプラセンタを使った治療についても考えてみることをお勧めします。

 

最近は30代でも、更年期障害と同じ症状でつらい場合もあるそうです。 「プチ更年期障害」というそうです。

 

私も実はプラセンタ注射を打っていました。

その後続けることが時間的に難しくなり、サプリメントに変えましたが、つらい症状をかなり軽減させることができ、楽になりました。

通院ができない時は高濃度のプラセンタサプリメントなら、プラセンタ注射の代わりになリますよ♪

⇒ プラセンタ注射の代わりになるサプリ

サブコンテンツ

このページの先頭へ